自己分析のための日記

浪人に失敗し底辺大学へ通っている男が書いてます

やっぱりアニメが好き、ニワカだけど。

友達とカラオケに行ったとき、歌える曲が少ない(1人カラオケならガンガン歌うのだが)。だから、現代っ子の間で流行っている音楽を覚えて歌えるようになりたくて、定額で音楽が聞き放題になるLIMEmusicをスマホに導入した。CDを借りたりする必要なく最近の曲が思う存分聞けるから、これのおかげで最近は友達とカラオケに行っても、「歌える曲が少なくてつらい」という思いをすることがほぼ無くなってきた。

あたりまえだがLINEmusicにはたくさんの音楽が入っている。最近プリパラの音楽も入っていることに気がつき、それを引き金にアニソンも結構聞いてしまっている。現代っ子の曲を歌えるようになろうと導入したのに、結局アニソンにたどり着いてしまった…… まあ「友達とのカラオケで歌える曲がない」という問題は解決できたから良いかな。

最近のお気に入りのアニソンはコチラ。LINEmusicで知った曲なのだが、プリパラの前身番組の曲らしい。

コアな人には笑われてしまう話だが、プリパラに前身番組があるのも最近知った。もちろん、こんな恥ずかしい曲は友達と行ったカラオケで歌えない。ていうか街中で流れてたら聞いているこっちが恥ずかしくなってしまう(笑)

……と思っていたらこの曲、アニメのオープニングで使われていたんですよ。マジかよ!これテレビで毎週流れてたのかよ!色々とすげえな


www.youtube.com

僕とアニメ

アニソンを聞いていたり、「友達に二次元の趣味があることは秘密にする」とかいうルールを定めているほどだし、僕はアニメが好きなのだ。カジっている程度だから、ガチなオタクの人たちには笑われてしまうレベルだけど。

本屋さんに行って萌え系の漫画のコーナーに行くと買いたくなってしまうし、街中で好きなアニソンが流れているとテンションが上がってしまう。
中学時代は「けいおん!」にドハマりした。今となっては黒歴史。あの頃の僕は、待ち受け画面や学校で使うクリアファイル等、生活のほとんどが秋山澪に染まっていてとっても痛々しく、思い出すだけで冷や汗が出てくるから細かいことは言わない。その後、そんな僕を母親は見かねて、高校三年間、僕に携帯電話を与えてくれなかった。もしその頃携帯電話を持っていたらラブライブとかに熱狂的になっていたと思う。恐ろしい

友達に二次元の趣味があることは秘密にするというルールを定めているのは、そういう所から来ているのだ。万が一痛々しくなっても失うものが少ないから。でも最近はその理由だけじゃなくなってきた。それは『自分だけで楽しむから、カジっている程度でもコアな人から「こいつニワカだ」なんてバカにされることがない』ということだ。

「趣味は何ですか?」

今月から大学に入学したから、色んなところで自己紹介をする機会がある。ゼミ、サークル、バイト。そのときに「趣味は何ですか?」と聞かれるが、答えられるものが無くて困っている。周りの人間はオタクばかりだから、2次元の趣味を告白しても変な空気になることは無い。でも、オタクばかりゆえ、ニワカレベルでオタクな趣味を言うことは許されないのだ。

興味があることはたくさんある。カメラ、自転車、山登り。でも、それらはガチ勢が多いから人に言う気になれない。自信があることしか「趣味」として人に言うことはできない。

結局、周りに同じ趣味の人がいても、秘密にしていて自分は自分だけで楽しむのが一番だ。いつか人に自信を持って「趣味です」と言えるようなことが出てくればいいのだが、今のところ出てくる気配は無い。どうか大学卒業までには見つかりますように……