自己分析のための日記

浪人に失敗し底辺大学へ通っている男が書いてます

インターン選考やらかした

大学の教授が超大手の長期インターン枠を持っていて、それはどんな会社かというとメガバンクNEC富士通日立クラスの会社。僕の通う大学はFランで、個人でそういう会社に申し込んだとしても落ちるに決まっている。チャンスがあるなら申し込まないと損だろと思い勢いで申し込んで、さっき選考の面談をした。でも実力を発揮することができなかった。これは落ちるだろう。
教授と2人で行う面談はコミュ障全開だった。二日酔いということもあり何もできなかった。何人か選考に申し込んだらしいが僕はその中で絶対に一番しょぼい面談をしてしまっただろう。つらい。恥ずかしい。穴があったら入りたいとはまさに今の状態だろう。恥ずかしくてもうあの教授に会いたくない。
30分を予定されていた面談は15分で終わり、終わった瞬間にやらかしたということは自分でも分かっているから泣きそうになり、誰にも見られないように鍵のかかっている屋上入口の前で座っている。
先週からなぜ大手のインターンに行きたいか考えていたのたが、ぶっちゃけ大手だから行きたいという理由で、でもそんなこと教授になんか言えないし、だから薄っぺらい志望動機を用意して面談に挑んだけど、薄っぺらいから会話が続かなかった。どうすればよかったのか分からない。何回面談やっても同じことを繰り返すだけな気がする。
つらい、自分が低能すぎてつらい。

これからやってくる就活が怖い。考えたくない。でも大手に入りたい。でもそんなん無理やん。不安や分からないことが多いけど誰に話したらいいのか分からない。