自己分析のための日記

浪人に失敗し底辺大学へ通っている男が書いてます

旅行に行ってきた

f:id:TSUMANNE:20170911133521j:plain

高校時代からの友達と東北へ旅行に行ってきた。貧乏旅で、「北海道&東日本パス」とかいう鈍行列車が乗り放題になるきっぷを使い、寝袋を使って野宿して宿泊費を抑え、なんともまあ大学生らしい旅行だった。たまにスマホを充電するために、お金を払ってホテルとかに泊まったりするのだけど、やはりお金が無いから、安くて古くてバスタブが壊れている部屋だったり、カプセルホテルに泊まったりしていた。大きなリュックを背負って、低予算でどこか遠くへ行く。今までバイクや自転車で日本一周した人のブログを見たりしていて、そういうことにあこがれていて、やっとできたというカンジだ。僕の両親は仲が悪かったし父も母も実家が近くにあったから遠くへ行くというのはあまりやったことがなかった。だから関東に住んでいる僕が、関東を出たことがあるのは3回しかなかった(そのうち2つは中学高校の修学旅行)。決まったどこかへ行ってやりたいことがあるというわけではなく、とにかく家から遠いところに行ってみたかった。でも金銭的な余裕はない。そこで、野宿旅に慣れている友達と貧乏旅をすることになった。目的なんてないから、やることもなくて、ただひたすら電車に乗って遠くに行くという行為をしていた。たぶん、旅行といえば地元の美味しいもの(海鮮とか高い肉とか)を食べるのだろうけど、そんなお金ない。秋田でハタハタもきりたんぽも食べることなく、岩手でわんこそばを食べることもなく、仙台で牛タンを食べることもなく帰ってきてしまった。地方都市って僕が住んでいるところとあまり変わりなくて、どこに行ってもアニメイトメロンブックスがあったし、駅前にはスターバックスがあった。野宿旅だから途中でお金を払ってどこかで風呂に行くのだけど、旅行の序盤で行った健康ランドでサウナと水風呂を繰り返し入って、ポカリ飲んで、漫画コーナーで「闇金ウシジマくん」を呼んでいると、あれ埼玉にいるときとやること変わらないじゃん、なんて考えてしまって、人は何のために旅行をするのかずっと考えていた。野宿なんて今までやったことなかったし、そもそも僕は旅行をあまりやらないから楽しかったのだけど、いろいろ考えてしまった。