自己分析のための日記

浪人に失敗し底辺大学へ通っている男が書いてます

下書きだけが残るブログ

ブログ記事を書こうと思って何度もトライしているのだが、途中で飽きて辞めてしまう。僕は頭が悪いし論理的思考もできないから書いてるうちに「何が言いたかったんだっけ?」ってなってしまうのだ。結局、下書きだけが増えてしまっている。

これは現実生活でも同じことが言える。僕は何かしらの理念に従って生きているわけでもないし、未来のことを計算して生きているわけでもないから、最近の人生を振り返ってみても「何も得られていねぇ」と感じてしまっている。

コンピューターサイエンス系の学部に通っているのにプログラミングができないとか笑える(実際のところ周りの人間でできるやつなんていないけどね)

最近全然勉強してねえよ。1年前の俺が知ったらなんて思うんだろ。

勉強しようしようと思ってばっかりで、何もできていない今日このごろ。

昔(中学生くらい)は図書館でPC系の専門書を借りてきたら、寝る間も惜しんで読んで、分からない単語が出てきたら検索して調べてたりした。あの頃の情熱ハンパねぇー。

今は情熱が消えてしまって、本棚にはまだ読んでいない専門書が増えてしまっている。

広告を非表示にする