自己分析のための日記

浪人に失敗し底辺大学へ通っている男が書いてます

浪人の夏の思い出

電車に乗ってボーっとしながら窓から入道雲を見ていると、もう夏なんだな~、って気持ちになる。そして「あれからもう1年経つのか」としみじみする。僕は去年、浪人していた。その時のつらかった思い出がたくさん出てくるのだ。あの時の自分を思い出して、言葉にはできない切ない気持ちになる。

去年の僕はとにかく勉強していた。浪人でつらいのは6月・夏・入試直前期だ。*1このつらい夏は勉強三昧で、朝8時から夜9時まで予備校にこもって勉強していたな。勉強と食事と風呂くらいしかやっていない日々で、夢の中で数学の問題集を解いているということもあったっけ。「俺は本当に大学に入れるのか」っていう恐怖と、大学に行ってる高校時代の友達の話を聞いて死にたくなり、週に1日くらいのペースで精神状態が限界まで達したのを覚えている。

*1:6月は基礎事項の総ざらい、夏は苦手分野を潰す作業、入試直前期は赤本地獄

続きを読む

携帯が壊れた

スマホが壊れて使えなくなった。壊れる予兆なんて全く無かったから焦ったわ。

バイトの連絡はできないし、LINEはパソコンを使わないとできないし、何しろ大学でポケモンGOの話題についていけない。

僕はSIMフリースマホだから、ネットや電気屋で新しい端末を買ってくればスグにスマホが使えるようになるのだけれど、なんと僕がほしい端末は入荷待ち。発送まで1~2ヶ月くらいかかるとか、俺の夏休みはどうなんねん。

f:id:TSUMANNE:20160730083600p:plain

出典:https://www.amazon.co.jp/dp/B01I8W4Q74/ (2016年7月29日アクセス)

今は親のスマホを借りてなんとか耐えている。余計なアプリなんて入れたら怒られるから、もっぱらバイトの連絡にしか使えないけどね……

続きを読む

現実を見て、将来に不安を覚える。

奨学金の審査に落ちた。返済不要の給付型で、家が貧乏な人から順番に割り当てられるやつだ。僕の家は母子家庭で経済環境はかなり厳しいのだけれど、働かないでずっと家にいる姉*1がいる。「お前の姉を働かせろ」と判断されたらしい。おっしゃる通りです。はい。

お金のことについて考えさせられて、将来のことまで考えるようになった。僕はどこに就職するのだろうか。コンピュータサイエンスを学ぶ身としては、はてなとかさくらインターネットに就職出来たら最高なのだけれど、ぶっちゃけFランに通う僕では無理だろう。僕って夢見がちなんですよ。浪人時代も模試での偏差値は全然足りないのに筑波大とか中央大に行きたいと心から思っていた。結局ニッコマレベルにしか合格しなかった。夢を見て現実逃避をしていたのだ。だから就職だって、有名企業を夢見ているけど、結局たどり着くのは誰も名前を聞いたことのない中小企業なんだろうな、と思い始めている。

*1:姉は大学時代に1年留年した。寝坊しまくって授業をサボっていたらしい。そしたらロクな所に就職できなくて、最近は家にいる。

続きを読む

大学に入ってから本音が言えなくなった

大学に入学してから「居心地が悪いな~」と思ってしまうようになった。周りの人間は良い人ばかりなのだけれど、本音を言うような仲ではない。「友達」というよりは「互いに都合が良いから一緒に居る人」というカンジだ。

最近気がついたのだが、どうやら大学の知り合いには本音を言ってはいけないみたいだ。僕が本音を言うと、気分を悪くしたり怒る人が出てくる。本音を言うのは高校までの友達と、匿名なインターネットだけにしよう。ということは高校までの友達が少ない僕が本音を他人に言えるのはもっぱらこのブログだけ、ということだ。

続きを読む

人ごみ苦手、サークルで孤立、大学ヤバすぎ笑えない。

最近やべぇわ。やばいことが多すぎて本当にやばい。まじでやばいの。あー、やばいやばい。もう自分でも何を言っているのか分からなくなってきた、やばい。

人がたくさんいる空間にいるとつらくなってくる。高校生だった頃にもその兆候は少しあったのだけれど、浪人という1年間によって症状が酷くなった。浪人生活は孤独だったからだ。予備校に友達はいない、高校までの友達は受験に気を使って遊びに誘ってこなかった。そんな状況で1年間を過ごすと、完全に体が孤独という状態に慣れてしまっていた。
今は大学の食堂にいくだけでつらい。人がたくさんいる空間の中で、イスに大人しく座るという行為はストレスが半端なく溜まる。発狂しそうになる。やばいだろ?

続きを読む